金物工法のメリットを一挙公開‼

金物工法(ピン工法)とは?

木造軸組工法の接合部に仕口を使用せずに専用金物を使用した工法です

金物工法のメリット

仕口の簡素化により断面欠損・大幅減少

最新、専用金物を使用することにより仕口を簡素化できます。
在来プレカットで問題とされていた通し柱の断面欠損も、最新専用金物工法では固定用のボルトを通す穴だけの為、従来のプレカットに比べてとても頑丈です。

自由な設計が可能
 

在来軸組工法が基本になっているので、自由設計が可能です。
3階建て住宅にも十分な構造強度。
最新専用金物工法は構造材の中に金物が隠れるので梁を見せたい場合等デザイン提案にも使えます。

現場作業が大幅に軽減・工期も短縮

一貫されたプレカット構造材を、最新専用金物を使って組み立てていきます。これまでの在来工法に比べても現場での建て方が早くできます。

強度のある高性能住宅が実現
 

構造用集成材を使用し、高い精度で加工する金物工法は、強度のある 高性能住宅を実現します。地震にもより強い住宅になります。

金物工法を、実際に使用してお客様は・・・

建て方時、余りのスムーズさに1度金物工法を使用すると、 「やめられなくなってしまう!」等の声があります。是非一度、金物工法をご検討下さい。

当社のイチオシ‼「ハイブリッド金物工法」金物工法+在来工法

  • 金物工法というと在来仕口に比べると、強いイメージはあるが、集成材+金物で値段が高くなる!
  • 耐震補強は、しっかりしたいが、価格は抑えたい!

そんな悩みはありませんか?

そこで当社が提案するハイブリット金物工法は、在来工法の自由度と金物工法の長所を合わせ持つ画期的な工法であります。
マルオカのプレカット工場は在来プレカットと最新金物工法を同じ加工ラインで生産してるいので、部分的に最新金物工法を使用できます。

例) 通し柱部分だけ金物工法
   化粧材だけ金物工法等

※その他、相談は専門スタッフが承ります。