注目の中規模・大規模木造建築の普及をバックアップ
〜中大規模木造プレカット
特別なサイズの材料を使わず、一般に流通しているサイズの材料で
プレカットできる為、コストが安くなります。

平成22年に成立した「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」は、公共建築物の木造化・木質化を推進する強力な追い風となりました。
現在は学校をはじめ、幼稚園、図書館、地域の会館やホール、老人施設、店舗、倉庫など公共建築物にとどまらず、あらゆるジャンルの中規模・大規模の木造建物が全国各地に誕生。木造ならではの見た目の美しさや温もり、安らぎや癒しなど五感に訴える優れた居住性が改めて認知され、評価と需要のアップに繋がったのは周知の事実です。
それまで耐火性・耐震性等の観点から、ともすると敬遠されがちだった木材、木造。しかしながら、様々な技術革新によってそれらのデメリットを払拭する素材や工法が開発され、シビアな安全基準をクリアするに至っています。

羽柄・合板

法制定をはじめ国が率先して木材利用に取り組むことで、今後ますます中大規模の木造建築が普及することは確実視され、民間住宅の建築においてもプラスの影響を及ぼすことは間違いないでしょう。
時代の流れをいち早く読み、マルオカは中大規模木造建築プレカット技術協会に加盟。中大規模建築にも対応できうる木材プレカットを積極的に受注しています。さらに、工務店様や設計事務所様と連携して中大規模木造建築の普及に努める一方、個別の物件の技術サポートにも真摯に取り組んでいます。
こうした中大規模木造建築の増加は、森林資源の活性化をもたらすもの。木材を積極的に利用することで飽和状態になりつつある森林の伐採が進み、森林の手入れや新たな植林を促進できます。それが地域の木材であれば、今以上に地域経済の発展にも貢献できるとマルオカは考えます。

木造軸組標準工法
木造軸組標準工法
木造軸組標準工法
中規模木造プレカット技術協会のホームページへ